ブルーベリーソースつくり

ブルーベリーソースの製造は、地元の柏原田園交流センター加工所に委託しています。

次回米原市内のホテルの宿泊者向けの朝市で販売する分がなくなりましたので、追加で加工をしてもらいました。

当園で収穫した8キロの冷凍ブルーベリーと詰める瓶を持ち込みます。

冷凍したブルーベリーソース

正直私は、家庭の夕食の準備などはしているのですが、ジャムなどは作ったことがなく作り方を見学させていただきました。

まずは、瓶を消毒です。

沸騰してから20分間煮沸です。

瓶を煮沸消毒

その間にソースつくりです。

鍋にブルーベリー、グラニュー糖を入れかき混ぜながら煮詰めていきます。

途中糖度計で糖度の確認です。

鍋でブルーベリーソースつくり

出来上がれば、煮沸消毒した瓶に手作業で詰めていき、フタをして真空にするために再度20分煮沸です。

次に、フタをしっかり締めてもう一度20分煮沸です。

終われば、もう一度フタの締め具合を確認して、逆さにして冷ましておきます。

夏であれば、この作業は灼熱地獄だそうです。

オートメーション化はされていませんので、すべて手作業で4時間の行程でした。

逆さにして冷ましているブルーベリーソース

 

その後水洗いをして、商品名ラベルと原材料表示などを貼って出来上がります。

ブルーベリーソースの写真

保存料、香料、着色料、酸味料などは使わず、ブルーベリーとグラニュー糖のみで作ったブルーベリーソースです。

プレーンヨーグルトにかけて召し上がってみてください。

 

朝市での販売が終われば、道の駅などに出荷します。

よろしければお買い求めください。