農作業しながら紅葉狩りです

ブルーベリーの木も休眠期に入りますので、紅葉をはじめ落葉の準備を始めています。

最近剪定作業を始めましたので、ブルーベリーの紅葉を見ながらの作業です。

天気がいいと気持ちいのですが、これから寒くなってきますので、つらい!!

 

今始めたのは主に細い枝を取り除く粗剪定です。

まだ初めて間もなく勉強途中ですので、昨年は900本を1回廻るのに40日ほどかかってました。

次に本剪定でもう1回、4月初旬に花が咲くまでに摘蕾でもう1回、3月までに最低3回は廻ります。

 

もう冬が終わり、春になってます(笑)。

その後も、粒の大きな美味しいブルーベリーを作るために作業は続きます。

もう少しなれれば、仕事の効率も考え、労働時間削減も考えてやっていきたいと思っています。

 

そうだ紅葉の紹介でした。

ご覧ください。

鮮やかな赤に染まっているノーザンハイブッシュ系のジャージーです。

ブルーベリの紅葉

 

濃い赤になっているノーザンハイブッシュ系のデニズブルー

ブルーベリーの紅葉

 

緑のままのハイブリット系のピンクレモネード

珍しいピンク色の果実です。

これはこのまま春を迎え、ゆずり葉のように新しい葉に代わります。

ピンクレモネード

 

少し黄色くなっているサザンハイブッシュ系のシャープブルー

ブルーベリーの紅葉

 

諸絶あるようですが、落葉樹は、日差しが弱くなってくると光合成でできるエネルギより葉の緑を維持するエネルギーが勝ってしまうため、葉に水分や養分を送ることを止め、葉が光合成をしなくなるので、葉の葉緑素が分解されて、黄色や赤に色づくようです。

ちなみに、赤いのはアントシアニンの色素です。

ここでも活性酸素の発生を抑制するために分泌されているといわれてます。