アクアフームって、何?

皆さん、こんにちは。

2019年の仮オープンを目指し、日本百名山 伊吹山の麓でブルーベリーガーデン伊吹の開園準備を進めています。

 

昨日並べて栽培ポットに、培土となる粒状アクアフームの充填作業です。

ビニール袋に入ったアクアフームに水を入れ、水分を含ませ栽培ポットに入れます。

アクアフームに水分充填

アクアフームとは、よく花屋さんで、水分を補給するために切り花を挿しているスポンジ状のものです。

今日は、一番広いエリアの園地が終り、残り二つのエリアの作業です。

アクアフームが入ったポット

ホントに、この方法でブルーベリーが育つの???

普通そう思いますが、びっくりですが、美味しく育つんです。

その後は、ポッカリ穴を作り、その中へ現在育成している栽培ポットのまま突入です。

共同作業中

廻りにアクアフームを入れます

穴が開きました

内側の栽培ポットに根が回れば、栽培ポットから抜き、再突入です。

文章ではわかりにくいので、またブログに写真を載せます。

その頃は、たぶん秋です。

最後に、今日の百名山。

伊吹山

今日も皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございます。

2019.5.24
ブルーベリーガーデン伊吹

インスタグラムはこちらから。