当園の栽培方法は、「土」を使わない農法です。
栽培方法は、ポットに、アクアフォーム*を粒状にし、そこにピートモス*を両手一杯混ぜた中にブルーベリーの苗木を植え付け、自動装置で決まった時間に肥料と水を供給します。
ブルーベリーは酸性土壌を好みますが、この方法により土壌の酸性度を維持し、水はけのよい、安定的に水分のあるブルーベリーの好む環境を作り出し早期育成栽培しています。

また、地面は平らに整地し、防草シートを張り雑草を抑制し、靴のまま入場していただけます。

*アクアフォームとは、花の吸水スポンジとして利用されているスポンジです。
*ピートモスとは、湿地帯のアシや水草などが堆積して繊維質のみ残ったもので、保水力が高い。

ネオ・アクアフォーム栽培の詳細はこちらから

自動潅水システム

自動潅水システム

苗木植付当初

苗木植付(3月)

8月の苗木の様子

苗木(8月)