ブルーベリーの苗木搬入と剪定講習

皆さん、こんにちは。

2019年の仮オープンを目指し、日本百名山 伊吹山の麓でブルーベリーガーデン伊吹の開園準備を進めています。

 

昨年3月に植えこみ育成している苗木の園地への半雄が始まりました。

育成している場所から園地まで車で往復約40分、積み込み作業約50分、1回1時間半かけ運搬です

半分弱運搬が終ったでしょうか。

計と他一杯にブルーベリーのポット

園地では、準備されている大きなポットに、栽培ポットまま入れ、根が回れば栽培ポットから抜き、もう一度戻すことになります。

ブルーベリー苗木のWポット栽培

午後からは、移設作業をお願いしているアンマズハウスの安馬さんが来られ、休憩の合間にちょっとした剪定講習会を。

お手伝いに来ていただいてる方も私と同じような栽培ステージですので、質問も大変参考になります。

安馬さんによる剪定講習

大粒で大人気のブライトウェルですが、発育不良のものも見受けられ、

この葉は、要素不足、新たな芽の発育を促すために、ここで剪定します、などなど。

ブライトウエルの育成不良の葉

みんなで剪定講習

聞いておきたいことがまだありますので、明日また聞こう。

 

この園は、中部、北陸、近畿からの高速道路でのアクセスがいいので、この園で剪定講習会ができれば・・・・・。

いや、そのあと懇親会のことで話が盛り上がっていたかな。

苗木が並ぶと、一段と農園らしくなってきました。

農園らしくなりました

皆さん、暑い中、お疲れ様でした。

ありがとうございます。

2019.5.27
ブルーベリーガーデン伊吹

インスタグラムはこちらから。